ネリゾナ軟膏の種類

青紫の花

かなり強力なステロイドとして処方されている「ネリゾナ軟膏」

このお薬の大きな特徴は、5段階のうち上から2番目の「2群」に属するステロイドであるという点と、通常は顔や粘膜には使用されないという点です。

では、ネリゾナ軟膏とはどのようなお薬なのかわかりやすくご紹介して行きましょう。

ネリゾナ軟膏とは?

ネリゾナ軟膏は、かなり強力な副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)であるため、基本的には簡単に使用されるお薬ではありません。

ネリゾナ軟膏が処方されるケースは、

  • 3群以下のステロイドが効果を発揮しない
  • かなり強い炎症や発疹が出ている
  • 長期間改善されない

このような状態の時に処方されるケースが多いようです。












実際に、個人的にネリゾナ軟膏を使用した経験があるのですが、その時の診断名は「手湿疹」でした。

かなり症状はひどく、皮膚はぱっくりと割れている状態で、手全体に水泡ができてしまい、強い痒みと炎症がなかなか治まらなかったため、ボアラ軟膏からネリゾナ軟膏に変更になりました。

このような体験談を見ていただくとわかりやすいと思いますが、症状がかなり深刻であったり、他のステロイドが効果を発揮しない時に最強である1群やかなり強力な2群ランクのステロイドが処方されます。

ネリゾナ軟膏と同じランクのステロイドとは

ネリゾナ軟膏と同じ2群ランクの属しているステロイドはかなり種類があるのですが、

  • マイザー軟膏
  • フルメタ軟膏
  • リンデロンDP軟膏
  • バンデル軟膏
  • アンテベート軟膏
  • シマロン軟膏

このような種類が代表的です。

2群のステロイドは、基本的には体幹部のみの使用が好ましいとされており、顔や粘膜へは使用しません。
また、小児への処方は稀ですが、比較的手足などの皮膚が厚い場所であれば処方されます。

連続して使用できる期間は数日~1週間程度となっており、長期間の使用は禁じられています。

ネリゾナの種類

ネリゾナには、軟膏以外にもいくつかの種類があります。

    • ネリゾナクリーム。

大きな特徴は、軟膏よりもさらっとしているのでベタつきが少なくて使いやすいと言われています。

    • ネリゾナユニバーサルクリーム

ネリゾナユニバーサルクリームは、ネリゾナクリームよりもしっとりとしているので、軟膏とクリームの中間といった感じです。
皮膚科ではネリゾナの中で一番多く処方されています。

    • ネリゾナソリューション

ネリゾナソリューションは、形状が液体になっているので、軟膏やクリームとは少し違った使い方をします。

  • ネリゾナ軟膏

軟膏は、皮膚に長くとどまり潤いを与えるので、冬場などに最適です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です