ネリゾナ軟膏とあせも皮膚炎の関係

白い花

ネリゾナ軟膏には様々な皮膚炎を改善する効果がありますが、あせもなどの比較的身近な皮膚炎を改善するのはどうしてなのでしょうか。

少し前なら、あせもや虫刺されというのは、薬局で市販薬を購入して使用していた方も多いと思いますが、最近ではネリゾナ軟膏を含むステロイドが処方されるケースが増えています。

では、どうしてあせもや身近な皮膚炎にネリゾナ軟膏は効果があるのでしょうか。

ステロイドとあせもや皮膚炎の関連性

そもそも、どうしてステロイドであせもや湿疹などの症状が緩和されるのでしょう。

私たちの体の臓器に「副腎」と呼ばれている場所があります。
ここでは、副腎皮質ホルモンが作り出されており、この副腎皮質ホルモンを薬にしたものが「ステロイド」です。

ステロイドには、体の炎症や痒みを抑える作用がありますので、この作用によりあせもや湿疹といった皮膚の炎症を改善します。

ただし、ここで覚えときたいのがステロイドの使用方法です。

ステロイドというのは、長期にわたって常用するお薬ではありません。
あくまで、一時的に症状を抑える対処療法薬になりますので、予防としての使用も行いません。
あくまで、症状が悪化している状態の時のみ使用を行います。

ステロイドには、1~5群という5段階の強さがあり、あせもや虫刺されなどの身近な湿疹程度であれば3群もしくは4群程度の強さのお薬が処方されます。

3群や4群のお薬は小児でも使用可能なステロイドになりますので、副作用のリスクも決して高くありません。











ネリゾナ軟膏とあせもや身近な皮膚炎

ネリゾナ軟膏は、ステロイドでもかなり強力な2群というランクに属しているステロイドになります。
通常は、症状が軽いあせもや蚊などの身近な虫刺され程度には処方されませんが、炎症を激しく伴っている場合には処方される可能性もあります。

そもそも、あせもとは汗の出口が詰まってしまい皮膚の中に溜まり炎症を起こすのが原因です。
また、虫刺されは、刺された虫の唾液や毒素にアレルギー反応を引き起こして炎症が起きます。

どちらにしても、菌やウイルスによる炎症ではないので、ネリゾナ軟膏で症状も大体おさまると考えて間違いありません。

それでも、どうしても症状が改善されない場合にはもう1ランク上の最強レベル1群のステロイドが存在しますので、ネリゾナ軟膏を長期に使用するのは避け、医師に相談してくださいね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です