医者プレドニンとは、抗炎症作用や抗免疫作用があるステロイド薬のひとつです。

ステロイドは外用薬と内服薬がありますが、プレドニンは内服薬にあたります。

プレドニンは製品名となっており、主成分はプレドニゾロンと呼ばれています。
プレドニンは、主に炎症、免疫系の病気や、外用薬が効かない重症なアレルギー性の疾患などに使われています。

例)リュウマチ、髄膜炎、メニエル病(めまい)、喘息、発疹、アトピー、アレルギー、角膜炎、その他、顔面麻痺、血液の病気(白血病、血液がんなど)などさまざまな炎症を沈めてくれるお薬です。

img0588画像出典元:https://www.qlife.jp/meds/rx428.html

ステロイド薬は、副腎で分泌されるステロイドホルモンを化学的に合成して作られたものです。
※ホルモンそのものではありません。

そのため、体におこるさまざまな炎症に対して効果を発揮します。プレドニン自体は、強い作用を持っているため速やかに症状を鎮めてくれます。

しかし、その強い作用故に長期間の使用には注意が必要とされています。また、一時的に強く出ている炎症などを抑えるために使用されるので、根幹治療とはなりません。プレドニンを使用する際は必ず医師の診断に従い、適切な量を適切な期間使用するようにしましょう。

通常、プレドニンは、他の薬では抑えらない状況や、生命に関わる重篤な症状などに使われますので、多くの薬の効果が感じられない時などに使用されます。

疾患によっては、プレドニンなどのステロイドで一時的に症状を抑えた方が予後が良くなるとされている場合があるため、副作用を起こす危険性があったとしても医師の判断によって使用される場合があります。











成分

プレドニン(プレドニゾロン)について

プレドニゾロンはプレドニンの成分としてあらゆる疾患に作用します。
プレドニゾロンは、ステロイド薬の中でも最もポピュラーに処方されているもので、古くからステロイド薬として名が知られています。

プレドニゾロンの作用時間は中間型で安定した作用をもたらし、炎症や免疫、重篤なアレルギー症状を抑えてくれます。
プレドニゾロンを始めとするステロイド薬はその効果の高さから副作用も多く確認されています。

プレドニゾロンは、電解質代謝作用というものがあり、浮腫や血圧の上昇といった副作用が確認されています。

この他にもプレドニゾロンには、多くの副作用があるため医師の指示の元使用することをおすすめします。

看護婦また、プレドニゾロンの使用によって何らかの変化を感じた場合は必ず医師に相談してください。

あくまでもプレドニゾロンは、重篤な症状や炎症などに用いられるため一時的な使用になります。

もちろん、驚異的な効果もありますが、副作用が起きる可能性がありますし、飲んではいけない方(結核、高血圧、妊娠中)もいます。

ただ、症状の鎮静と同時に薬の副作用は収まります。

プレドニゾロンをはじめとするステロイド薬を長期間使用してしまうと副作用の可能性が高まります。
長期連用は絶対に控えるようにしましょう。

プレドニンの強い効果とリスク