とびひとテラコートリル

とびひとは

とびひでかゆがる子とびひとは、医学的には伝染性膿痂疹と呼ばれる疾患です。

細菌感染による表在性の皮膚炎で、みずぶくれやそれによるかさぶた、びらんを形作るのが主な症状です。原因菌は黄色ぶどう球菌が多いです。その他、レンサ球菌となります。これらの細菌が出す外毒素が関与して発症するといわれています。
0〜6歳の乳幼児に多く見られ、成人には非常に稀な疾患です。

季節的には夏頃に多く見られ、家族内や保育園、幼稚園内で集団発生するといわれています。
ブドウ球菌性膿痂疹とよばれる大きなみずぶくれを作ることがあり、ここから周囲の皮膚に広がっていきます。

ひどくなると、ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群といわれる状態になることがあります。文字通り、やけどのあとのケロイドの様な感じになります。











治療

 たいていステロイド外用薬を使うことが多いです。
 症状に応じて強さが選択されますが、抗生物質を配合しているテラコートリル軟膏も有力な選択肢の一つです。

 乳幼児の場合、かゆみなどの違和感からみずぶくれを掻きむしってひどくさせてしまうことも多いです。また、テラコートリル軟膏はweakに分類されるステロイド外用薬ですが、乳幼児はステロイド外用薬に対する感受性が高いので、使用は慎重にする必要があるそうです。

薬屋さんに勤めている薬剤師さんの話では、「何歳から使用可能」とか「何歳までは使用不可」とかは書いていないけれど、基本的に素人判断で使うのは避けた方が良いと言っていました。ですので、この場合は、皮膚科で相談した方がいいでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です