ステロイド剤を使用することで、皮膚の症状を改善する効果が期待できますが、日常生活を少し見直すだけでもより効果をあげることができます。

今回はステロイド剤の使用と並行して、改善しておきたい日常生活のポイントをご紹介します。

皮膚の症状改善しかゆみなどの不快な症状を和らげたいとお考えの方は是非参考になさってくださいね。

かゆみの対策

ステロイド剤は炎症を抑える効果がありますが、かゆくなってしまうとついかきむしってしまう方も多くいらっしゃると思います。

爪を短く切る

爪を切る皮膚の症状が悪化する原因の1つに、「かきこわし」があります。

かくことによって皮膚が傷ついて症状が悪化してしまうのです。

爪を短く切るだけでも、肌に与えるダメージを軽減することができます。

爪を切るだけではなくやすりをかけるとより効果的です。

冷やしてみる

患部をかくと熱くなりますよね。

血行が良くなることでよりかゆくなってしまうことも珍しくありません。

かゆみを感じたら患部を冷やしてみてください。

ハンカチを濡らしてあてるだけでも効果的です。

熱いお風呂は、肌の油分を奪う原因にもなりますので、肌の状態が悪い時にはぬるま湯での入浴もお勧めです。









食生活で注意したいこと

アトピー性皮膚炎の方は、肌が乾燥しやすくダメージを受けやすい状態にあります。

過度にダイエットを行い、油分を控えた生活を送ると、本来肌に必要な油分を分泌することができず、肌の状態がより悪化してしまう可能性も。

肌の免疫力を高めるためには、整腸作用のある食材や抗酸化力の高い食材を積極的に食事に取り入れることが大切です。

日常生活の改善点

生活習慣

良質の睡眠をたっぷりととり、三食をきちんと食べるだけではなく、バランスのとれた食生活を心がけることは、健康の基本とされていますよね。

アトピー性皮膚炎では、かゆみや痛みでストレスを感じることも多いので、適度な運動を心がけストレス解消をすることも大切なポイントです。

スキンケアをしっかりと

ダメージを受けてしまった肌や、症状が悪化してしまった肌を改善するためには、日々のスキンケアが欠かせません。

正しいスキンケアを行うだけではなく、適切な対処を行うことで肌トラブルを改善しましょう。

気になる症状があったらなるべく早くかかりつけ医に相談してくださいね。

おわりに

日常生活を見直し、生活習慣を改善するのって大変なイメージをお持ちの方も多いかもしれません。

けれどもご紹介した方法はどれも、健康維持のために欠かすことのできない大切なポイントですよね。

いきなり全てを達成するのは難しいかもしれませんが、ステロイド剤の外用とあわせて是非生活習慣の改善にも挑戦してみてください。


ボアラ軟膏とは