ステロイド外用剤を使うべきか否か?

外用剤を塗る赤ちゃん

乳幼児・小児は、痒いものを我慢することはできません。
ほんのわずかな湿疹などの病巣であっても、掻く癖がついてしまわないように、また、痒さによって睡眠や食欲が妨げられてしまっては本末転倒、免疫力が減退し回復力も低下します。
幼い子供ほど回復力への影響は大きいでしょう。
病巣だけで判断すればステロイドは不要なレベルであったとしても、使用して一気に治すことのメリットを取る方が患者のためになることもあります。

ステロイドを使うか使わないか、また使うことによる負の影響と、使わないことによる負の影響のどちらが大きくなる可能性があるのかを予測・判断するのは医師です。

医師選びのポイント1

専門医であれ、かかりつけ医であれ、ステロイド剤を「これはステロイド剤です」と言って、用法用量、処方の意図を適切に説明をし、患者の不安を解消してくれる医師かどうかが大きなポイントです。
患者さんの中には変にステロイドを怖がる方も多いのは事実です。

医師が適切な処方をしても、患者が適切に使用していないこともあります。

そのようなことから、「ロコイド軟膏はステロイド剤です」と明確に告げない医師もいるでしょう。
一番の理想は、患者さんが納得をして治療に専念し、コンプライアンス※1が上がることです。
その説明に時間をかけることに重きを置く医師かどうか、やはり日頃より口コミや評判にアンテナを張っておくことも大切ですね。

※1 医師の指示通りに患者が薬を使用すること。








医師選びのポイント2

また、院内、院外薬局をもうけずに、医師の処方箋を元に薬剤師ではないスタッフが薬を調合して提供する個人病院もまだ多くあります。
そして、その中には要望しなければ薬の説明書を発行しない病院もあります。
また、薬の説明書の発行が有料の場合もあります。

まずは、薬局を設けている病院を選びましょう。

薬局がある場合は、処方する医師と薬を手渡す薬剤師の両者にその説明責任があります。
医師から明確に薬の説明が聞けなかった、質問する時間がなかった、もう一度確認したい、そのような場合は薬剤師に細かく尋ねることができます。
更に可能であれば、薬の在庫数が多い院外薬局を設けている病院を選ぶようにしてはいかがでしょうか?
医師の薬の選択肢が広がります。

まとめ

このように、セカンドオピニオンを求めることも含め、第2・第3の専門家の説明を受けられる環境づくりを留意しておくことは、とても大切なことです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です